読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車物色中

自転車

そろそろ自転車にガタがきているのはわかってきたので、やっぱり、買おうかなと考えて、物色中。だんだん絞れてきた。

 

出発点

今のクロスはGIANT CROSS 3。クロスバイクといっても、ほとんどママチャリの延長。でも、短距離街乗りにはこれはこれですごく良い。

個人的には、長距離を走りたいと思っているので、このままだとけっこうだるい。やっぱり楽しく走りたい。

ということで、物色中。

どんなタイプがあるのか

いろいろ調べてみると、ロードタイプでも、主に4タイプあるようだ。

ロードタイプ(エリートタイプ)

一般的にロードと呼ばれるもの。レースに出るものから、趣味まで幅広い。

Endurance

長距離を主体として走る設計がされたもの。乗車位置はロードタイプよりも少し上半身を起こした設計。少々の悪路でも走れるようにタイヤは太目で上下の振動にも強め。

Triathlon, Time-Trial

トライアスロンやタイムトライアル向けに設計されたもの。乗車位置はロードタイプより前傾か同じ。上半身を預けれるようなハンドルがついてる。すごいエアロ設計。

シクロクロス

悪路をすすめるロードバイクとして設計されたもの。乗車位置はロードタイプよりも起こしたもの。かなりの悪路も走れるようにタイヤは太く、ブレーキも汚れても効くようにディスクブレーキがついているものが多い。

この辺の受け売りです。

Cannondale Japan | キャノンデール・ジャパン

 

わたしの場合、日常の通勤に利用し、長距離にも使うので、ロードタイプかEnduranceタイプかな。

 

自転車のパーツのうち何が重要なのか

いわゆるスポーツバイクは高い。正直いろいろあって、どのパーツが重要なのかよくわからない。そしてなんでお金がかかるのか、よくわからない。

結局、ペダルを回しやすいこと、回した力がよく推進力に変わること、疲れにくいこと。

もっとも重要なのはフレーム。

乗車位置を確保してペダルを回しやすくすること、疲れにくい剛性(振動吸収など)を手に入れること、これらに最も関係するもの。

次にギア、チェーン系。

回転させるときに精度よくギアを切り替えたりするにはこのへんが重要。

たぶん次にBB(クランクがくっついている回転するところ)とリム。

よく回すためにはBB部分がよく回ること、回ったらなかなか止まらないためには、リム。

 

スポーツサイクルのパンフレットとかみてると、結局フレームだけで販売している。価格を見てみると、完成車とフレームの価格差をみると、2分の1から3分の2くらいはフレームという感じ。なので、「自転車を買うこと=フレームを買う」と思ってもいいようだ。完成車を打っているメーカーは、フレームを作っているメーカーがほとんど。

あとは、ギア系。これらは、コンポーネントと呼ばれるみたい。世界的に有名なのはShimano。そう、あの釣り具メーカー。知らなかったけど、Shimanoは、自転車のホイールを作っていて、釣り具は後で発足したようだ。脱線しちゃった。

フレームは、素材で剛性や乗り味が決まって、設計で乗車位置が決まる。素材は、クロモリ、カーボン、アルミがあって、この順で乗り味が決まるみたい。設計はメーカーごとにことなるので、乗ってみないとわからないでしょう。

コンポーネントは、Shimanoにグレードがあるようだ。Dura-ace > ULTEGRA > 105 > Tiagra > SORA。完成車メーカーで完成車の価格とこれについているコンポーネントの対応関係を見ると、20万円台から10万円台後半がコンポーネント105、10万後半から10万前半がコンポーネントTiagraという感じですかね。

 

 

わたしの場合、フレームの素材については、アルミでいきます。カーボンは、レースに出るくらい本格的でないと必要ないみたいなのと、カーボンは寿命もあるみたいなので。長く乗れるアルミでいきます。

コンポーネントは、正直よくわからないので、完成車を見ながら決めようかな。なんとなく、Shimano 105がついていれば大丈夫という感じかな。

どこで買うか

ネット、自転車屋さん(遠く、近く)。

実際、買う場所って関係があるのかなと思っていたのですが、いろいろ調べてみると、はっきり言って、自分で整備できる自信がない。特に、自分一人では、適切な乗車位置へのフィッテング、ギア調整は非常に難しい。やっぱり、近くのスポーツバイクを扱っている店で買うのがよさそうです

結局、スポーツバイクは値引きもあまりなさそうだしね。地元で頼むと、大体、調節などのサポートは無料でやってくれます。

で、何を買うのか

で、絞り込み条件が大体そろいました。

ロードタイプかEnduranceで、アルミフレームで、コンポーネント105ぐらい。

候補1

Cannondale CAAD10 5 105 199000円

Cannondale CAAD8 5 105 159000円 

f:id:mzi:20140302103050p:plain

候補2

Cannondale SYNAPSE DISC 5 105 169000円

候補3

TREK Madone 2.3 178500円

一部Tiagra利用

候補4

TREK Domane 2.3 178500円

一部Tiagra利用

候補5

GIANT TCR1 140000円

GIANT TCR SL 2 159600円

候補6

GIANT DEFY1 140000円

 

こみると、GIANTの値段の安さが目立ちます。ただ、実は、今のっているGIANT CROSS3のリムがあまりにもダメダメ(明らかに継ぎ目がわかる)で、交換してもらっても同じ状態だったという非常に悪い印象をもってしまったんで、できればやめたい。

アルミフレームだと一番定評があるのは、Cannndaleらしい。特にCAAD10はかなりいいらしい。

【初心者におすすめ!】10万円~20万円までのロードバイク一覧(2013年版) - NAVER まとめ

私がCAAD10を買う理由|せめてひとなみに。

キャノンデール2013年ロードモデルインプレ CAAD10

メーカーリンク

 

2014 Giant Bicycle

DE ROSA | デローザ オフィシャルサイト

TREK JAPAN | トレック・ジャパン

Cannondale Japan | キャノンデール・ジャパン

CYCLEUROPE JAPAN | Bianchi